[AviUtl]クロマキー・カラーキー・ルミナンスキーの使い方と違い

AviUtl

ここではフィルタオブジェクトの一つであるクロマキー、カラーキー、ルミナンスキーの使い方と違いについて説明します。


それぞれのキーの違い

ここで述べたフィルタオブジェクトは、オブジェクトの余計な部分を非表示(透明化)させるための機能です。それぞれの特徴を簡単に挙げると

・クロマキー:指定した色を基準にして透過する。

・カラーキー:指定した色の輝度を基準にして透過する。

・ルミナンスキー:指定した輝度を基準にして透過する。

※輝度とは「明るさ」のことではありません。モノクロ表示にしたときに、色が濃い部分と薄い部分ができます。例えば、輝度が高いというときは、色が薄い部分を示します。

クロマキー

恐らくですが、一番よく使うことになるキーです。なぜかというと、感覚で使いやすいからです。色の輝度とか言われても、結局どこが透過されるかわかりにくいですから。

その点、クロマキーは色を基準にするので、「青を選択したら青に近い色が透過されるんだな」と、感覚的にわかります。

透過加工前提の素材なら、クロマキーを使うことで綺麗に透過することができます。下の画像は背景が青の素材を「クロマキー」を使って透過しました。

透過前

透過後

カラーキー

残りの二つは輝度を参考にするので、綺麗に透過させるには使いにくいです。試しに「クロマキー」と同じ部分を選択して透過しました。

少しだけ青い部分が残ってしまいました。輝度や色差範囲を変えることで透過させましたが、これ以上範囲を広くすると、目の水色の部分も透過し始めてしまいます。

色差範囲を広くすると、透過したくない部分まで透過してしまいます。このように、綺麗に透過させたい場合には使いにくいです。

ルミナンスキー

これが一番使いにくいです。僕の技術では使いこなすことができません。まず色を選択するということがありません。明るい部分か暗い部分を透過するかしか選択できません。試しに透過してみます。

暗い部分を透過

明るい部分を透過

はい。思い通りの場所を透過できません。これはある部分を透過したいっていうのではなくて、違う用途で使うような感じもしますが…僕には使えません。申し訳ないです。

結論

結論から申し上げますと、「クロマキー」だけ使っていればいいです。カラーキーも使えそうな感じもしますが、クロマキーが便利すぎて出番がありません。

もし他に使い道があったら追加で載せたいと思います。

この記事は以上です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONY PlayStation4 本体 CUH-2200AB01
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/1/14時点)


タイトルとURLをコピーしました