[YouTube]編集ソフトで画像を上手く透過できない!スマホで簡単にできる透過方法とアプリの導入[ibisPaint X]

ibisPaint

YouTubeで動画を編集しているとき、

「上手く透過できねぇぇぇ!」

って思ったことありませんか?

AviUtlのクロマキーを使った透過は非常に便利ですが、たまに綺麗に透過できない場合があります。

そんなときにオススメしたいのが、スマホアプリである「ibisPaint X」です!

今回は透過に役立つ「ibisPaint X」の導入方法と透過する方法を紹介します。

ibisPaintって?

最初に「ibisPaint X」について軽く説明します。

この記事では画像を透過させるために使っていますが、実際は絵を描くためのアプリです。

基本利用は無料で一部が有料ですが、広告を見たら有料コンテンツも使えるので、実質的には無料です。

絵を描くアプリなので、立ち絵の作成なども、「ibisPaint X」だけでできます。

僕が動画で使っている立ち絵も「ibisPaint X」で作成したものです。

「ibisPaint X」の導入方法

「ibisPaint X」の導入方法は簡単です。

スマホで「ibisPaint」、「アイビスペイント」と検索すれば出てきます。

通常のアプリと同じようにダウンロードするだけです。

透過する手順

新規キャンパスの作成

アプリを起動して、キャンパスを作成します。

アプリを起動→「マイギャラリー」→左下の「+」→「写真読み込み」を選択します。

「写真読み込み」を選択すると、使用したい画像を選択するように促されるので、透過したい画像を選んでください。

これでキャンパスの作成は完了です。

余計な部分を削除する

今回は武器の部分を切り抜きます。

透過する方法ですが、至ってシンプルです。

余計な部分を消しゴムで消してください!

ただ、それだけです。

えっ?もっと楽な方法はないのって?

ありません(多分)

気合で消してください。

しかし、綺麗に余計な部分を消す方法はあるので、その手順を説明します。

矢印の間にあるレイヤーマーク(紙が重なったようなアイコン)をタッチして、画面左にある「+」を押して新規レイヤーを追加してください。

追加したら、追加したレイヤーを一番下(切り抜きたい画像より下)に移動させ、わかりやすい色で塗りつぶしてください。今回は赤色を使います。

この作業はあってもなくてもいいんですが、消していく際に消し残しがないようにするためにします。

この状態で消しゴムを使って消すと、消した部分が背面の色になるので、消した部分がわかりやすくなります。

あとはひたすら不要な部分を消していき…

完成です。

これをそのまま保存して編集ソフトでクロマキーを使って透過するのもありですが、「ibisPaint X」はデフォルトで透過機能があるので、そちらを使った方が手っ取り早いです。

ただし、透過機能を使った場合は、スマホとPCをUSBで繋いで画像をやり取りする必要があります。

クロマキーを使う前提の場合は、背景を一色にして(画像に使われていない色を使用すること)、LINEでやり取りする方法もあります。

立ち絵のように、長く使っていく場合には透過機能を使い、一回しか使わない場合はクロマキーを使う方法でもいいですね。

加工した画像は右下にある「←」をタッチすると、「透過PNG保存」か「PNG保存」を選択するように言われますが、どちらの場合でも、「透過PNG保存」で問題ありません。

デフォルトで透過画像にしたい場合は、背景に使用した画像(今回は赤色)は非表示にして保存してくださいね。

非表示にする方法は、非表示にしたいレイヤーの目のマークをタッチして切り替えてください。

まとめ

今回はスマホアプリを使った透過方法を紹介しました。

「ibisPaint X」は画像の透過以外にも、立ち絵を作ったりなど、いろいろな使い方ができるのでオススメするアプリです。

YouTube以外にも、趣味で絵を描いたり…(というか、そちらがメインです汗)

困ったときには、ぜひ使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました