実は無料じゃない?ゆっくりボイスを使用する際に必要なライセンスとは?

YMM

ゆっくり実況をする際に使用するツール、代表的なものはゆっくりムービーメーカー(YMM)があります。

誰でも簡単にゆっくり実況を作れる優れものとなっています。

これ以外にもsoftalkや、ゆくサクなどいろいろな種類があります。

しかし、実はこのゆっくりボイスを使用する時に、ライセンスが必要なのはご存じですか?

意外と知らないライセンス…これについて説明したいと思います。

ゆっくり実況は無料じゃないの?

マイクなどを買わなくても実況することができる「ゆっくりボイス」…お金をかけずにやりたいと思った人もいるでしょう。

ライセンスが必要となると、「実はお金が要るの?」ってなりますよね?

答えを言いますと、「商用利用しないなら無料」です!

つまり、「お金稼ぎに使わないならライセンス無しで使ってもいいよ~」ってことです。

逆に言うと、「お金稼ぎに使用する場合はライセンスを取得してください」ってことになります。

ライセンスが必要な理由

では、なぜライセンスが必要なのかと言うと、ゆっくりボイスは「株式会社アクエスト」という企業さんが「AquesTalk」という合成音声を開発してできました。

それに著作権があります。

なので、ゆっくりボイスを使用する場合はライセンスが必要となります。

ライセンスの種類

次にライセンスの種類について説明します。

ライセンスにもいくつか種類があって、自分に必要な分、購入する必要があります。

以下のURLからライセンスの購入ページに飛ぶことができます。

使用ライセンス | AQUEST Online Store powered by BASE
音声合成エンジンの研究開発を行う(株)アクエストによる直販ショップです。ここでしか入手できない新製品をいち早く販売します。製品にお使いの場合など、まとまった数の購入は、お問い合わせください。ここに無い当社製品やライセンスは、個別にお問い合わせください。 (株)アクエスト

クリックすると、以下の画面に移動します。

この中から必要なライセンスを購入します。

しかし、どれを購入すればわからないと思うかも知れません。

主に購入するのは、上の4つのどれかだと思います。なので、上の4つの説明を軽くします。

使用ライセンス商用コンテンツ向け

AquesTalk、AquesTalk2、AquesTalk10を1年間使用することができます。

AquesTalk使用ライセンス

AquesTalkを無期限で使用することができます。

AquesTalk2使用ライセンス

AquesTalk2を無期限で使用することができます。

AquesTalk10使用ライセンス

AquesTalk10を無期限で使用することができます。

AquesTalkの判別方法

まずはYMMを開いて、左下にある「キャラクター編集」を開いてください。

開いて、「音質」の項目を確認してください。

斜線で区切られた左側に使用しているAquesTalkが表示されます。

どのライセンスを購入すればいい?

基本は使用するAquesTalkのライセンスを購入すればいいと思います。

しかし、仮にAquesTalk使用ライセンスだけを購入して、「AquesTalk2のボイスも使ってみたい」ってなる可能性もあるかもしれません。

そういった人は商用コンテンツ向けのライセンスを購入して全てのボイスを使用できるようにする。

もしくは、それぞれの使用ライセンスを3つ購入して期限無しで使えるようにする…これは自分に合うようにしてください。

まとめ

ゆっくりボイスを使う際に必要なライセンス…無料で使える分、ライセンスの存在を知らない人も多そうですよね…

ちなみに、ゆっくりボイスを使った動画をYouTubeに投稿する場合、広告収入がないときは商用利用ではないので、ライセンスを購入する必要はありません。

つまり、失敗しても大丈夫ということです!

実際に生声などではマイクを買ったりと資金が必要なので、広告収入がないと損した気分になります。

しかし、ゆっくりボイスは広告収入が入るまでは無料なので、誰でも始めやすいです。

ぜひゆっくりボイスを使って動画を作ってみませんか?

タイトルとURLをコピーしました