[YouTube]サムネイルの作り方[AviUtl]

AviUtl

YouTubeで重要な要素の1つ…それはサムネイルです!

サムネイルが上手く作られていると、自分の動画を見てくれる可能性が、グッと上がります。

サムネイルはYouTubeが動画の一部を勝手に選んで設定する方法もありますが、やはり自分で作った方が、より伝えたいことを示すことができます。

でもサムネイルの作り方なんてわからない…そんなときに役立つのが「AviUtl」です!

この記事でもオススメしている編集ソフトです!

よかったら下の記事も参考にしてみてください。

今回は「AviUtl」を使ったサムネイルを作り方を紹介します!

下準備

最初は「AviUtl」を起動してサムネイルを作成します。

画像のサイズは「1280×720」や「1920×1080」など「16:9」の比率にしてください。

そうしないと、きちんとしたサムネイルにならないので注意してください。

サムネイルの出力

「AviUtl」でサムネイルが完成したら、それを出力する必要があります。

その一番簡単な方法が「ペイント」に画像を張り付けて保存する方法です。

サムネイルが完成したら、「AviUtl」にある「編集」を選択して、その中から「現在のフレームの出力イメージをクリップボードにコピー」を選択してください。

「ペイント」で保存

クリップボードにコピーできたら、後は簡単です。

「ペイント」を開いて、「貼り付け」を選択します。

作ったサムネイルが貼り付けられたら、保存を押して完成です。

まとめ

以上でサムネイルの作り方は終了です。

サムネイルは動画の顔と言われるほどで、かなり重要です。

動画がどれだけ面白くても、再生されず見られなかったら意味がありません。そのために、いいサムネイルを作って再生される必要があります。

ぜひ注目度を集められる自分だけのサムネイルを作ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました